ホーム - サマースクール > 過去のサマースクール

過去のサマースクール

おしらせ

日本大学文理学部数学科サマースクールが本になりました

「一緒に楽しむための数学ーπ、アミダくじから年金、金融まで」
日本大学文理学部数学教室編(日本評論社)

日本評論社の紹介ページはこちら

過去のサマースクール

■2017年度
木内 保氏 「“数学教室”でめぐる数学教育〜こんなことを考えてきた〜」
森 真氏 「数学における力学系」
■2016年度
1.渡辺敬一:直角三角形の不思議−ピタゴラスの定理から合同数まで
2.何森仁:生徒と楽しもう!学校数楽
■2015年度
1.下元数馬:素数のお話
2.小室元政:コンピュータとカオス的遍歴の数理
■2014年度
1.山浦義彦:極限のはなしーーー直観以上、イプシロンデルタ未満
2.中村英史:コンピュータを使って数学を楽しく
■2013年度
1.吉田健一:サッカーボールと私の数学
2.野崎昭弘:数学教育で私が目指してきたこと
■2012年度
1.黒田耕嗣:ブラウン運動とフラクショナル・ブラウン運動
2.何森 仁:教室入り口二歩手前 ~数学教育の楽しさ~
■2011年度
1.市原一裕:宇宙の形とポアンカレ予想
2.近藤年示:遠山啓と数学教育
■2010年度
1.茂手木公彦:ロープを使って図形の本質に迫るーポアンカレの考えたこと
2.銀林浩:どこが問題か,日本の数学教育
■2009年度
1.渡辺 敬一:ピタゴラスの定理からフェルマーの定理へ
2.黒田 耕嗣:統計力学と確率論
■2008年度
福田拓生:中間値の定理とその応用
50周年記念レセプション
■2007年度
1.田中 周二:投資と年金の数理
2.山浦 義彦:”不定積分と定積分” ー大学数学での論理展開
■2006年度
1.森  真:π(パイ)のはなし
2.茂手木公彦:可能?それとも不可能?
■2005年度
1.泊 昌孝:ナッシュ:ノーベル賞をもらった数学者
2.松浦 豊:無限和と数
■2004年度
1.鈴木正彦:頭に「つむじ」があるわけ
2.渡辺敬一:アミダくじから鏡映群へ
■2003年度
1.福田拓生:無限とは…いろいろな無限があります
2.黒田耕嗣:生命保険料はどうやって決まるの?
■2002年度
1.森 真:コンピュータを用いてみる組み合わせ論
2.茂手木公彦:結び目の数学ーひもを伸ばしたり縮めたり…こんな数学もあります
■2001年度
1.松浦 豊:
2.山浦義彦:コンピュータグラフィックスによる高校数学
■2000年度
1.鈴木正彦
2.山浦義彦