ホーム - 数学科紹介 > 就職活動

就職活動

数学科では、現役学生の為に将来の就職活動の促進の一助になるよう独自の指導をしています。

教職ガイダンス

現役の中学・高校の先生をお招きして、教職に就職する現状を講演していただいたり、卒業生で教職につかれている方に「どのような勉強をしたらいいか」「面接では、どんなふうに答えたらいいのか」など具体的なノウハウを教えてもらいます。
また、講演者と学生間で活発な質疑応答が行われ、毎回長時間にわたるガイダンスになります。
教職志望者は数学科では多く、参加者で会場はあふれるくらいです。

就職ガイダンス

これから就職活動を行おうという学生を対象に「どのような心構えで行うか」「どのようなアプローチをするか」など、数学科独自の資料に基づいてガイダンスします。
また、卒業生や会社の方をお招きして体験談や「今、どのような人材を求めているのか」を具体的に教えてもらいます。自分の適した職業につけるように、考えるチャンスと動機を得ることができます。この厳しい状況の中にあって数学科の学生がどこで仕事が出来るか知るよい機会にもなっています。おかげで数学科は文理学部内では1番の就職率を誇っております。

その他

希望者を募って特定の会社見学に引率します。学科で推薦するケースもあります。私立の学校への就職に関しても、求人が来ますので希望者に告知します。
ゼミ単位でもそれぞれ就職に対して相談にのり、卒業生とのコンタクトをはかり優勢に事が運ぶように推進します。