天摩さん、東京パラリンピック出場内定!

ゴールボールの選手として活躍中の卒業生 天摩由貴さんが東京パラリンピックの出場選手に内定しました。

天摩さんはこれまでも、2019アジアパシフィック選手権優勝、2018年アジアパラ競技大会優勝、2017年ゴールボール国際大会準優勝、同年ジャパンパラ大会優勝、2014年の第一回APC主催 ゴールボールアジアカップで優勝をおさめています。

天摩さん、内定おめでとうございます!
ますますのご活躍を、学科一同、心から祈っております。

2019 IBSA Goalball Asia-Pacific Regional Championships ChibaJapan
https://www.gb-aprc.com

日本ゴールボール協会 オフィシャルサイト
http://www.jgba.jp/index.html

東京2020パラリンピック大会における第一次推薦内定選手についてhttp://www.jgba.jp/japan_team/files/2020東京パラリンピック大会内定選手について_20191222fix..pdf

ゴールボールは、アイシェード(目隠し)を着用した1チーム3名のプレーヤー同士が、コート内で鈴入りボール(1.25kg)を転がすように投球し合って味方のゴールを防御しながら相手ゴールにボールを入れることにより得点し、一定時間内の得点の多少により勝敗を決する競技です。